♪プロフィール♪

これは、模擬国連国立研究会(略して”くにけん”)の07年前期会議の様子をお送りするためのBLOGです♪
ライターはICU2年のこもりゃ&外大1年のエミリーです☆
自己紹介 こもりゃ
自己紹介 エミリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

模擬国連リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/05 (Thu) 01:14
ルポとは何だったのか?

はて、ルポとは何だったのでしょう?
これは、ルポのレビューです。

会議のまとめ、新入生のサポート、まぁ色々とやりたかった事はありました。それらがどれだけ出来たかは大使の方々の判断に任せるとして、ルポとしては「大使ではないけど、フロントでもない」という微妙な立場を楽しんでいました。

私は毎回、会議に望む際には「ここを楽しもう」というポイントを想定しています。今回はルポライターという仕事それ自体と、そして会議の中において「外部からの視点」を持ちながら会議に参加するという立場を楽しもうと思っていました。 確かに、会議中に大使に色々話しかけて邪魔をしてしまったという問題もあるでしょう。会合のまとめが正確でなかったり、重大な情報が欠けていたりしたかも知れません。

ですが、そもそもルポライターとはどういう存在なのでしょう?
途中で「公正じゃない」という批判もありましたが、そもそも公平で公正なジャーナリズムは無いと思います。
(ただ、個人的には「小森谷視点で見る」という点で言えば全員に対して公平だったとは思いますが)

会議を直接的に動かすわけでもなく、議論に参加するわけでもない。それでも、ルポライターは若干の影響力を持っていたのかもしれないと私個人は思っています(その程度は不透明ですが)

だとしたら、自分の今回の立場は国際世論のそれと近かったのかも知れません。もちろん両者を正確に比較することも、なぞらえることも不可能ですが、「会議出席者以外で、会議に影響を及ぼしうるアクター」という点では似ているでしょう。

ルポライター個人として、仕事内容は主に「会合のまとめ」だとか「用語、概念解説」だと思っていました。そして、それをまぁ6割程度は行っていたかと思います。

そして、それに付け加えて議場に対する「コメント」も幾度となく行ってきました。私はそれが「外部からの視点」として大使たちに自分の行動を客体化する機会を提供できるのではないか、と思って会議に参加しました。


私のコメントを参考にした大使もいたでしょう。無視していた大使もいたでしょう。しかしながら、当初の目的(楽しもうという目的)は達成されました。模擬国連という活動に、大使以外の楽しみ方もあるのだということを実感したのです。


さて、もう少しレビューっぽいこともしゃべりましょう。
今回の最大の利点であり最大の欠点はルポの仕事をほとんど小森谷個人がやっていたという点です。
これは内容が「偏る」と同時に仕事量に制限を設けてしまうことでもあり、実際もっと色々な事(特にリサーチ関連)が出来ればよかったと思っています。
もし今後、こうした立場から会議に参加するのであれば、ディレクやチェア、セクと連携して効率的な情報提供を行いたいものです。

以上が個人的なレビューですが、何か意見あるひとはぜひどーぞ。
スポンサーサイト

<< レビュー byエミリー | ホーム | 退席ってなんですか? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。