♪プロフィール♪

これは、模擬国連国立研究会(略して”くにけん”)の07年前期会議の様子をお送りするためのBLOGです♪
ライターはICU2年のこもりゃ&外大1年のエミリーです☆
自己紹介 こもりゃ
自己紹介 エミリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

模擬国連リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/02 (Mon) 00:27
くにけん 007-1

終着点は見えたのか?

合宿1日目が終了した。深夜コーカスの結果、どのような話し合いや変更が行われたのだろう?この会議の終着点はどこになるのか。アメンド締め切りまであと5時間。 イスラエルの揺さぶり

第6会合で目立ったのは、イスラエルの執拗なまでの揺さぶりだ。特に議論の進行役やまとめ役に対するものが顕著だった。
 こうした揺さぶりの結果、EUやアラブの安はDR提出時までにいくつかの変更を余儀なくされたようだ。

提出されたDR

 最終的に提出されたDRはEU、アラブ、そしてノルウェー中心の3つだ。端的に特徴を述べるなら、EU案は比較的イスラエルやアメリカの主張に近い。アラブ案は第5会合中に何度か言及されたロードマップの推進と、そのためのイスラエルとPLO両者への義務を課している。最後のノルウェー案であるが、これは特別な内容を含まず、イスラエルとPLOの問題解決の意思確認程度に終わっている。おそらく、この決議は「出ないよりまし」というような意識の下に作られたのではないだろうか?なぜなら、ここに書かれた文言は、それ自体の意味や間違いなどを省けば、多くの国が合意できるような内容であるからだ。会議当初から求められていたイスラエルとアメリカ大使の賛成を得るためにも、こうした決議を用意して、仮に残りの二つが成功しなかった場合にノルウェー案を採択する、というシナリオがこのDRからは読み取れる。  
アメンド? 

 まず、アメンド締め切りは午後2時までだ。アメンドとは、既に提出されたDRの一部を変更することで、2時以後の変更は不可能だ。 
 今回の会議では、前文に関しては削除のみ可(=追加は不可)。主文に関しては追加も削除も変更も可能だ。しかしながら、前文と無関係な主文を追加することは出来ないので、実質的な主文の変更は著しく制限されると理解しなければいけない。
 今日の会議はこの過半数を獲得するためのアメンド交渉が主眼になる。果たして過半数を取れるDRは採択されるのか?

スポンサーサイト

<< こんばいんって何? | ホーム | くにけんルポ 006 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。