♪プロフィール♪

これは、模擬国連国立研究会(略して”くにけん”)の07年前期会議の様子をお送りするためのBLOGです♪
ライターはICU2年のこもりゃ&外大1年のエミリーです☆
自己紹介 こもりゃ
自己紹介 エミリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

模擬国連リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/08 (Fri) 01:50
1stM 【後編】あの合意は紳士協定か?

第1会合で行われた非公式会合、そこで決定した内容はどのような意味を持つのだろう?出席していた国々はそれに従わなければならないのだろうか?


【紳士協定】
模擬国連の文脈でに紳士協定[Gentleman's agreement 昔同名の映画が会ったらしい] と言った場合、それは「各国大使が遵守するべき合意事項」という意味で使われる。
例えば、A国が「この部分に関する交渉は夜6時までで終わりにしましょう」と言い、議場の各国が同意した場合それは「紳士協定」として「守らなくてはいけない」とされる。
ただ、もちろんこれに反したからといって実質的な問題は無い。ただし外交儀礼に反すると他国に思われたり、評判が悪くなったりするだろう。

【曖昧な”合意”】
前編の後半でも説明したように、あの時議長裁量で投票にかけられ、決定した”合意”が厳密に何であるのか、というのが第一の問題だ。
なぜなら、議場に居た大使たちは「何かを合意した」ことに関しては共通した認識を持っているかもしれない。だが、一体「何」を合意したのかに関しての共通の、厳密な認識を持っているかは怪しい。
つまり「自分の国は~~だと解釈した」といって議論を蒸し返すことは可能なのだ。
今現在は会議の議論は抽象的な事柄(例えば撤退、安全保障、などなど)を扱っているが、今後文言(具体的内容)が出てくるに従って各国大使の認識の差異が鮮明になってくるのではないだろうか?


【あの合意は守られるのか?】
冒頭で「紳士協定」の説明をした。
だが、非公式会合での合意は紳士協定なのだろうか?
誰か「これを紳士協定として皆で進めよう」と言ったのか?

勿論ながら、議事進行に反対した国が居なかったという事実を持って「あれは議場全体の合意であり、紳士協定として皆が守らねばならない」と説明することは出来るだろう。しかし、新入生が多かったこと、合意内容が明文化されていないことなどを考えてみると、その説明は適切なのか疑問である。

では、果たしてあの合意は守られるのか? 守られるとしてどのように守られるのであろうか?
単純にいえるのは、あの合意を推進した張本人、アメリカ大使が「守らせる」ということだ。

アメリカの主張は簡潔で、以下のようなWPを配布した。
・Peaceful Settlementは必ずしもイスラエルの撤退を意味しない
・撤退が実現できるような状況を実現する為の話し合いを先に
・過去の決議はイスラエルにとって非現実的
・イスラエル、PLO双方の意見を汲み取った決議を

特にアメリカが強調しているのは
撤退が実現できるような状況を実現するための話し合いがなされなかった場合、この会議を「過去の失敗を繰り返すだけで無意味」であるとして退場するという点だ。

非公式会合での合意はアメリカを議場に繋ぎとめる為のものといえる。そして、アメリカは様々なカードを使ってあの「合意」を補強し、自国にとって有利な決議案を作成してくるだろう。
同時に、あの合意に「反対する国」が現れた場合、アメリカの圧力によって口を封じられる可能性が高いということでもある。

もはやこの時点で、会議の方向性はアメリカが握っているといえる。

【会議を動かす不確定要素】
だが、いまだ未知数の部分もある。
例えばアメリカの方針は「テロ」という単語を避けて通れない。これに難色を示しているのがロシア大使だ。
他にも、会議が「対テロ」の色を強めるに従って拒否反応を示す国々は少なくないはずだ。
そうしたとき、重要なのはPLOが中東諸国やこうした国々をいかに動員できるか、という点に掛かってくる。
PLOの今後の活躍に期待したい。
スポンサーサイト

<< くにけんルポ 002 | ホーム | リサーチソース 決議とかとか >>

コメント

楽しみ

「紳士協定」、あさってどう変わっていくのか大使としても楽しみです。

個人として思ったのは、「ロシアって『テロ対策』反対なんだ・・・」ってことです。チェチェンとかあるでしょ。

コンピュータ復活しました。しかし、かなりデータが飛んだので心配です。

>>りびあ

PC復活おめでと~~♪
ロシア大使曰く「チェチェンのやつはテロです」とのこと。
ロシアはテロ対策に反対なんじゃなくて、「民族自決のための~~」とか出てくると眉をひそめるって感じですかね(;´Д`A ```

このブログいいねぇ~

会議開始後初めて見たけど、新メン全員が見るべきだよっ
あなたの分析は概ね適確だと思います。でもレビューのときにばらすネタが無くなる…
USAの気持ちはやった人にしか分からない。このブログを見た感想です☆

>>USA大使

お褒めの言葉ありがとうございます♪
>>レビューのネタ
う~ん( ̄□ ̄;)確かに
でも、第1会合からレビューまで結構時間あるんで、忘れちゃう人も多いと思うんですよ
それを考えると、やっているうちに気づいてくれたほうがGOODかと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。