♪プロフィール♪

これは、模擬国連国立研究会(略して”くにけん”)の07年前期会議の様子をお送りするためのBLOGです♪
ライターはICU2年のこもりゃ&外大1年のエミリーです☆
自己紹介 こもりゃ
自己紹介 エミリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

模擬国連リンク

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/28 (Thu) 00:05
あなたは大使をやっているか?

 あなたは何をしているのだろうか。
 WPを作った。スピーチをした。モーションをあげた。DRを出した・・・・・・・しかし何の為に?
 すべからく、会議行動は自国益を最大化するという目的を持って行うべきである。そうした目的意識が無ければ、それは単なる暴走・迷走に終わる。
 “国益”というのは難しい。それを探求するのが模擬国連のひとつの醍醐味ではあるが、ここで躓く人も多いだろう。かくいう私も、国益なんて未だによく分からない。
 そこで、”自分益”という事場を考えてみよう。会議中の行動を「自分のためにやったのだ」と理由づけするのだ。例えば「英語のスピーチがうまくなりたい」とか「あの大使と議論がしたい」でもかまわない。自分の利益を最大化するという目的をもって、会議行動を行ってみればよい。何もしないよりは会議は楽しめるはずだ。そう、何もしないのが一番悪い。
 だが、やはりそれだけでは「大使」として動いているとはいえない。ここが模擬国連である以上、あなたのやるべきことは「一国の大使として、自国の国益を追求すること」だ。
 大使としての動きが分からなかったら、とりあえず”自分益”の為に動いてみよう。国益を追求するのと同じくらい、会議を楽しむことも重要だ。合宿まで後数日、どうやったら1泊2日を楽しめるだろうか?それを考えた上で、リサーチや会議準備をしてもらいたい。その上で国益についても頭を悩ませよう。
何しろ、模擬国連は疲れるためのサークルなのだから。
スポンサーサイト

2007/06/28 (Thu) 00:03
くにけんルポ 004

果たして議論はされるのか?

第3会合は何のためにあったのだろうか。議論に進展はあったのだろうか。議論のたたき台になる具体案が提示されなければ、2日後の合宿も無為なものになるだろう。

続きを読む »

2007/06/23 (Sat) 04:41
リサーチソース いろいろvol.1

さて、今回はイスパレ問題に関するリサーチソースをいくつか乗せたいと思います。

その前に、過去に書いた記事もご参照あれ♪

リサーチが分からない・・・Vol.1

今回はでぃれくからいただいたリサーチソースを張ってみました。
まだ全部確認できていないので、リンクが並んでいるだけですが(;>_<;) 申し訳ない。。。

ぜひご活用ください♪

続きを読む »

2007/06/23 (Sat) 04:33
リサーチが分からない・・・・・Vol.1

以前、”リサーチってなんじゃ?”という記事を書きましたが、今回はもう少し具体的に書いてみたいと思います。



皆さんリサーチをするとき、どんなことに困りますか?
以下は自分なりの分類なんですが

1.何を調べたらよいか分からない
2.どこで調べたらよいか分からない
3.自分の知識が正しいのか分からない

という3つが主なものじゃないかなぁ~と思います。

この記事では1番の「何を調べたらよいか分からない」という疑問を以下の二つに分解して考えて見たいと思います。

「自分が何を知らないのか分からない」
「何を知らなきゃいけないのか分からない」


【概要】
重要なのは「情報の整理」である。
自分の知っている情報、知らない情報、知っておきたい情報、知りたい情報。。。そうしたものを明確にすることで、こうした悩みを解決することが出来る。

また、他人が知っている情報を必ずしも知らなきゃいけないとは限らない。その見極めを行う場合、基礎情報と発展情報という区分で理解すると容易だ。
基礎情報=自国の情報、議題などなど
発展情報=だれかが自分の論理を正当化するために持ってきた情報、
     往々にして大部分が知らない情報。




【蛇足】
リサーチに対して、大きく二つの考え方があります。

その1”他人が知っていることは、自分も知らなければいけない”
その2”知らないところがあっても良い”

どちらも一理ありますが、自分は2番を推薦します。
なぜなら、1番だとリサーチが大変だから(爆
でも2番をそのまま、というわけではありません。

私なら”必要な情報は知る必要があるが、それ以外はいらない”と考えます。ま、言われてみれば当然ですね。

ですので、この記事の後半では「どうやって必要な情報を見極めるか?」ということもあわせて考えていきたいと思います。

続きを読む »

2007/06/21 (Thu) 19:27
くにけんルポ003.5

第3会合が終わった。

議場として進行した部分はあったのだろうか?

第4会合の予測もあわせてお送りする。

続きを読む »

2007/06/21 (Thu) 00:11
総会の限界、安保理の限界

総会の限界
国連総会の限界は、決議の実質的効果にある。たとえば決議で「全加盟国にパレスチナ人の自決権実現を手助けするように要請する(Urges)」と書いてあっても、実質的な意味は無い。なぜなら、どこかの国がこの要請を履行しなかったとしても、それに対する処罰をする機関が存在しないからである。履行しないから非難される、ということがあってもそれもやはり実質的効果は持たない。これが総会の限界である。この限界を踏まえたうえで、どのような決議であれば効果的なのかを考えてもらいたい。

安保理の限界
一方、安保理の決議には加盟国は従わねばならない。従わなければ、安保理から軍事・非軍事制裁を受ける可能性もある。だが、安保理も独自の限界を持っている。それが拒否権だ。拒否権とは、決議採択などにおいてP5と呼ばれる国々(米、中、露、仏、英)が一カ国でも反対したらそれは採択できないというものである。
それゆえ、安保理でイスラエルに対する措置を行うのは非常に難しい。過去には米の反対によってイスラエルに対する非難決議が葬られたこともある程だ。

このように、総会にも安保理にも限界はある。
総会で何が出来るのか、出来る範囲で最大の効果を得るためにはどのような決議が良いのだろうか?

2007/06/21 (Thu) 00:10
くにけんルポ003 

―第3会合― 議論の方向性をまとめる時だ


第2会合では議論の方向性が示されず、グループが乱立した。一週間の間に進展はあったのだろうか? 今後の議論の軸は作られるのか? 各国大使の力量が問われている。

続きを読む »

2007/06/20 (Wed) 01:53
会議中、何をすれば良いの?

第2会合で、多くの大使が何をすればよいのか迷っていたように思う。

その結果、USAやイスラエル、PLOなどの一部の話し合いを大勢が取り囲むというコーカス中の構図が生まれたわけだ。

これに対し、スイス大使が「ほかの人たち、違う議論をすれば?」と注意をしていたが、この注意も少々不親切なのでもう少し細かく考えてみたい。


ちなみに、USA大使はMLで「USの話を聞かなくてもよい、というような発言が」と書いているが、これは間違いだ。
スイスが言ったのは「そこの議論は、インフォーマルで最後にシェアされるから、今聞く必要は無いよ」ということだ。

続きを読む »

2007/06/20 (Wed) 01:11
和やか過ぎる

第2会合に来ていた全日研究統括のつぶやきだ。

確かに、第2会合は和やかだった。

続きを読む »

2007/06/20 (Wed) 00:34
第2会合を終えて パレスチナの自決権

第2会合の中で、あるグループがパレスチナの民族自決権に言及していた。
具体的にどのような動きとなるかは不透明だが、第2会合の特色としてこうした「トピック」に新入生や準備の不十分な大使たちが飛びついた感がある。

パレスチナの民族自決権に関する決議の解説をしつつ、論点設定の不十分さを考察する。

続きを読む »

2007/06/19 (Tue) 03:57
くにけんルポ 002.5

6月13日、2nd Meetが終了した。
会議でどのような流れがあったのか?
6月19日現在までの会議MLでの流れも含めてまとめて行きたい。

[会議開始前]
イラン大使が部屋の片隅で電源泥棒してました。
覗いてみると、なにやらノートPCでスピーチの原稿を書いている模様。
なかなかに過激な内容ですね(笑
イラン、というより大統領が毎回過激な発言を繰り返しているのでそれを踏まえての原稿だそうです。
でも、なんであの名前の言い難い大統領は「イスラエル消えろ」てな発言をするんでしょうね?

奥のほうではUSAとサウジアラビアが何か話し合っています。
どんな話し合いをしているか分かりませんが、あの二人は新歓会議でもイランとUKという組み合わせで会議を引っ張っていました。今回の会議でも会議の鍵を握るでしょう

あと、イエメン大使がさっそく仕事を手伝わされてました(笑
彼女は今回WPも出して、がんばっているようですね♪
今後が楽しみです。

[本編]
第2会合を一言で表すと「迷走」だ。
Pre-DRも出ず、いくつものグループが乱立した第2会合。
方向性の統一も出来ず、議場は混乱の一途をたどるのか?

続きを読む »

2007/06/19 (Tue) 03:32
第2会合を終えて アラブは何が出来るか

第2会合で、アラブグループはアラピ(Arab Peace Initiative)を元に今後の会議を進める、と主張していた。

アラブグループは一見まとまっているように見える。
だが、実際にアラピを元にするとして、どうやってそれを元に会議を進めるのだろう?

アラピとはイスラエルに対して3つの条件が満たされればアラブ諸国はイスラエルとの国交を正常化する、というものである。
だとして、これを国連の場に持ってくる事には大きな問題が二つある。

続きを読む »

2007/06/19 (Tue) 02:26
WPの出し方、使い方

13日に行われた第2会合では、会議が始まるとインドネシア大使のスピーチに続き、PLO、イエメン、サウジアラビア、US、UKのWP提出が相次ぎました。
合宿などならともかく、やはり短い時間の会議ではWP提出は冒頭に集中してしまうようだ。
確かにこの日もスピーチはほとんど回らなかったので、ある意味しょうがないのだろう。


説明しないの?
さて、以前の記事で、私(こもりや)は人に呼んでもらえるWPを書こう、とかWPの目的を考えようということを書いた。

この後は「何のためのWP?」という根拠がしっかりしているという前提で書くのだが、結論はシンプルで「WP説明をやろう!」というものである。

続きを読む »

2007/06/19 (Tue) 01:10
2nd Meet スピーチ

エミリーによる各国の公式スピーチまとめです。

なお、括弧内はこもりやの補足です♪

続きを読む »

2007/06/19 (Tue) 00:31
大使の発言には裏がある

前回の非公式会合中、某オセアニアの小国がUSの提案を支持する発言をしたことを記憶している人はいるだろうか? 

その国はこれまで採択されてきたイスパレ関連の決議に対してUSと協調してNOと言ってきた国だ。だからUSの発言を支持するのも当然かもしれない。だが、なぜ?

議場にいる大使達は、それぞれの思惑を元に動いている。その発言もまた、何か理由があってのことだし、またそうあるべきだ。議論をしている際、自分達が大使であることを忘れてはいけない。目の前の大使が一見「建設的な」発言をしたとしても、それは議論を自国に有利なように誘導するためのものかも知れない。

これは、相手の発言を信じるとか信じないという問題ではない。議場で行われているのは単純な学生のディスカッションではなく、利害関係者による“話し合い”なのだ。

常に他人の行動に対して「なぜ?」という疑問を持とう。分からなければ聞けばいい。
同時に、常に自分の行動にも理由付けを行おう。誰かに「なんで?」と聞かれたときのために。

2007/06/19 (Tue) 00:30
くにけんルポ 002

[2nd Meet開始時に配られたルポです]


第1会合での合意をベースに、第2会合が始まる。
議論の方向性を示すようなPre-DRは提出されるのだろうか?

続きを読む »

2007/06/08 (Fri) 01:50
1stM 【後編】あの合意は紳士協定か?

第1会合で行われた非公式会合、そこで決定した内容はどのような意味を持つのだろう?出席していた国々はそれに従わなければならないのだろうか?


【紳士協定】
模擬国連の文脈でに紳士協定[Gentleman's agreement 昔同名の映画が会ったらしい] と言った場合、それは「各国大使が遵守するべき合意事項」という意味で使われる。
例えば、A国が「この部分に関する交渉は夜6時までで終わりにしましょう」と言い、議場の各国が同意した場合それは「紳士協定」として「守らなくてはいけない」とされる。
ただ、もちろんこれに反したからといって実質的な問題は無い。ただし外交儀礼に反すると他国に思われたり、評判が悪くなったりするだろう。

続きを読む »

2007/06/08 (Fri) 01:14
リサーチソース 決議とかとか

パレスチナ関係の決議のある場所のリンク張ま~~ス

Situation in Middle East
国連のHP→Wellcom→Situation in Middle East

真ん中にある「General Assembly(総会」に以下の二つのリンクがあります。
1)Resolutions
2)Documents

1っこ目では、決議自体と自国の投票行動が、
2つ目では決議以外のマニアックな文章が手に入ります。
それぞれに関してみていきましょう♪

続きを読む »

2007/06/07 (Thu) 12:58
1stM 【前編】議論のための議論は十分か?

第1会合で行われた「議論のための議論」。安全保障をイスラエル軍の撤退より先に扱うと決めたこの”合意”だが、その脆弱さは砂上の楼閣だ。

第1会合での合意に関して、前後編でお届けする。

前編)議長裁量は適切だったか?

後編)あの合意は「紳士協定」か?

続きを読む »

2007/06/07 (Thu) 12:34
くにけんルポ 001.5

くにけん前期会議、第1会合が終了した。
第1会合で何が起こったのか? 第2会合の予測とともにお送りする。

続きを読む »

2007/06/07 (Thu) 12:16
WPって何だろう?

WPって何だろう?
何のためにWPを出しているのだろう?

時折見受けられるのが、つらつらと文章が書いてあるWPである。これでは何が言いたいのか、伝えたいのかわかりにくい。もしかしたらその内容全てを伝えたいのかも知れないが、多くの人は読むのが面倒くさく感じられるだろう・・・・・・てか、読んでてそう思わない?

果たして貴国はそのWPで何を伝えたいのだろう?
内容が伝わったとして、会議にどのような影響を与えたいのだろう?
その結果、会議でどのような結論が出ると貴国にとって良いのだろうか?
伝えたいものがはっきりしているのであれば、そこを強調しよう。そして、みんながWPを出しているときには出さないようにしよう。だって、10枚もWPが出て来たとして、全部しっかり読む?
主張をするツールとして、もっとWPを大事に使おう♪

続きを読む »

2007/06/07 (Thu) 12:15
くにけんルポ 001

07/06/06に配布した記事です。


    ― 第1会合始まる!! ― 
 有効な『議論のための議論』は行われるか?

各国のさまざまな思惑が交差する中、前期会議が幕を開ける。第1会合ではどのような話し合いが行われるのだろうか?その方向性を予測する。

続きを読む »

2007/06/02 (Sat) 01:57
模擬国連は何をする場所??

こもりゃ

さてさて、先ずは小話から。

不肖こもりゃはICUという洗脳機関(大学)に行ってます。
ここで1年目に教わる理念の一つに「Critical Thinking」というものがあります。

端的に言えば、物事に対して批判的(否定的、という意味合いではなくLogicalにCritisizeって感じ)に見ろってこと。

で、さっそく前回の勉強会で議長が言っていた話をCriticalに考えて見ましょう。

議長の発言要旨
”模擬国連の会議において、実際の決議より「悪い」決議が出ている場合が多い。これは各国が自国の国益ばかりを追求した結果ではないか? もっと問題を解決しようという意思をもって問題に取り組むべきである”

続きを読む »

2007/06/02 (Sat) 01:15
リサーチってなんじゃ??

リサーチってなんじゃ?って人に向けて、オススメの記事へのリンクを貼りたいと思います♪

【by伊織さん】
無印会合用BLOGより

リサーチの概要がナントナク分かるかもしれません。
ついでに、他の記事とかも読んでみると面白いかもしれません♪

【byこもりゃ】
ICU勉強会ようのBLOGに書いてある国連文章(決議案とか)をどうやって探すかに関する記事です。
しかし、例が悪いようなwww

続きを読む »

2007/06/02 (Sat) 01:01
自己紹介 エミリー

名前:エミリー

大学:東京外大 ドイツ語専攻1年

好きな国:ドイツ

好きな言語:ドイツ語、津軽弁

近況:ドライアイがひどくてつらいです。でも時々郵便局の赤いトラックを見ると幸せになります。

ルポライターアシスタントになった理由:
実を言えば他に活動していることがあって忙しいので、1国の大使として動くほどリサーチが十分にできないんじゃないかという不安があったからです。もぎこくに入っている意味がないんじゃないかと落ち込んでさえいました。

でも、ある先輩にこの仕事を紹介されたのをきっかけに、ルポライターとして会議全体の流れを把握し、そして取材していくという仕事に興味を持ちました。

ルポライターアシスタントとしての意気込み:
そういうわけなので、1国の大使として会議に参加するという楽しみとは一味違う楽しみ方ができたらいいと思います。会議中はwhy?why?why?の精神を全うすべく、頑張りたいと思います。

2007/06/02 (Sat) 00:58
自己紹介 こもりゃ

ども、このBLOGの管理人&前期会議でのルポライターこもりゃです♪

生息域:汚染激しい高田馬場と陸の孤島ICUを行ったり来たり

学校:孤立した狂気の楽園(もしくは脳みその集中治療室)

性別:ピンクが似合う男の子♪

最近の趣味:自作の焼きおにぎり
      味噌を塗ると焦げやすい+カリカリにならないことを発見しました(T T)


このBLOGの目的:みんなに考えるきっかけを与え、自分も考えること!

議場をまとめたりはしませんね(笑
色々な大使が、色々なことを考えていると思います。

どうして? なんで? どういう理由で??

今までも会議中にそうしたことを聞きたい衝動に駆られましたが、自分も大使としての立場があるのであまり出来ず・・・・・・欲求不満(笑

そんなわけで、そうしたことを聞きまくるためにルポライターやります!!



| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。